debikure2

【どうやってデビットカードを選んだら良いの?】

デビットカードは、主に銀行が発行しています。使いやすい銀行かどうかがまず大事です。

ある程度の額を使うのなら給与振込口座・メインバンクにしている銀行のカードが使いやすいですね。

 

今口座を持っている銀行が気に入っているなら、そこのデビットカードを作るのが一番簡単です。

しかしそもそも存在しなかったり、デビットカード年会費が高いこともあります。自分の使いやすそうなデビットカード発行銀行がどこかをチェックします。

 

カードを発行している銀行が複数候補に上がったら、カードの年会費とポイントをチェックしましょう。

1,000円程度ではありますが年会費のかかるデビットカードもあります。ポイント還元は0.2~1%で、クレジットカードと同等かやや低めです。

 

国際ブランド」は、日本発行のデビットカードでは「VISA」と「JCB」があり、そのマークのある店舗でクレジットカード同様に使えます。銀行によっては両方から選べます。

 

国際的な加盟店数が多いのはVISAで、海外旅行で使いたい人・海外サイトでのネットショッピングで使いたい人に向きます。

JCBは国内でVISAと同等かやや多い加盟店を持ち、海外では「日本人が良く行く都市」で強いです。

 

原則、一つの銀行で2枚のデビットカードは持てません。一人が複数持つ(複数の銀行に口座を開設して使う)ことは問題ありません。

【デビットカードはどういうしくみなの?】

デビットカードは、決済した瞬間にユーザーの銀行口座からお金が引き落とされる仕組み(即時引き落とし)です。

 

キャッシュカードの感覚と似ています。

キャッシュカードで銀行口座から1,000円引き出したらその瞬間に1,000円分、口座残高が減ります。スマホ等で口座を確認しても実際に減っていますね。これと同じイメージです。

 

ATMから現金を引き出す手間を省き、直接レジで買い物し、そのとき口座残高が減るカード」とも言えますね。

 

またほとんどのデビットカードが発行銀行のキャッシュカードも兼ねているので、国内・海外で現地通貨が引き出せます。

口座残高を超える利用はできません。このためスマホなどで適宜口座残高を確認しやすい銀行のデビットカードが便利です。

分割払いやリボルビング払いはできず、一回払いのみで使えます。

【どう使うのか】

お店の入り口やレジ付近にカード会社や電子マネーのステッカーが並んでいますので、そこに「VISA」や「JCB」のマークがあれば、そのマークのあるデビットカードが使えます。

 

使い方はクレジットカードとほぼ同じで、店員にカードを渡すと、「一回で(一括で)よろしいですか」などと聞かれるので「一回で(一括で)」これでOKです。

 

お支払いはいかがなさいますか?」と来た場合では「VISAの(JCBの)一回で」と答えます。

1万円以上等の場合はサイン(カード裏面に記入したものと同じ書き方)や暗証番号入力を求められるので、これを憶えておきます。

 

ネットショッピングでも、流れとしてはクレジットカードと同じです。番号やカードに記載された名前を入力していきます。

 

もし「クレジットカード」としか書かれていないお店でも、主に手間の関係で「デビット」の表記を追加していないケースがほとんどで、大体の買い物は可能です。

最近では「クレジットカード/デビットカード」と記す店舗も増えてきました。

【デビットカードにはどんなメリットがあるの?】

デビットカードには審査がなく、誰でも持てます。銀行口座を作れる人(身分証明などができる)であれば、申し込むだけで手に入ります。(※16歳以上などの年齢制限はあります)

 

クレジットカードの場合審査に受かる受からないとは別に、「審査を受ける感じが嫌だ」という気分も、ときに起きますが、それらとも無縁です。職場や自宅に「在籍確認」の電話が来ることもありません。

クレジットカードを持っている人でも、街中やネットでデビットカードを中心に決済していけば、使いすぎの心配がありません。困ったときだけクレジットカードとか、公共料金だけクレジットカードとするスタイルも便利ですよ。

 

また、クレカでは、実際直ぐ返済できるだけのお金を持っていても、指定の引落日まではお金を借りていることに(どうしても嫌ならATM等からカード会社に入金できますが)。

この「お金を借りている”気分”」を避けたい人にもデビットカードは向いています。

 

電子マネーへのチャージも可能なので、お札などを持ち歩くことなく好きなときにスマホ・携帯からチャージできます。(※カードと電子マネーの組み合わせでできないこともあります)

 

クレジットカードは金融上の信用度なども示す一方で、人によっては「クレカばかり使ってお金使いの荒い人だ」などと見る場合もあります。

実際には一回払い中心でも、そう見られる場合があるんですね。デビットカード払いを多くしているのであれば、お金にきちっとしているという印象も与えられます。あえて言わなければ分からないですけどね。

 

変わったところでは、「VISAのクレジットカードを持っているけど、JCBのカードも作ってみたい。でもクレジットの審査をまた受けるのは不安・落ちたら不快だ」なんていうニーズにもデビットカードは応えます。

【こういうクレジットカードの使い方をしている人は、デビットが向く】

・主に一回払いしかしない

・延滞などを起こすことがありえない

・即日返せるような金額でしかクレジットカードを使わない

・キャッシングをしない

・カードにステータス感や優待・特に高いポイント還元を求めない

・あまりお金を借りるのが好きでない

こういう人は、クレジットカードは1~2枚だけ残してデビットカード使いが向いていると思います。

反対に、リボルビング払いなどを良く使う人ではデビットカードはマッチしないというか、クレジットカードとは全く使い勝手が違うものと考えて使うことになります。

【電子マネー・プリペイド・現金と比べると?】

実店舗で、電子マネーの瞬時決済と比べると、デビットカードの決済はクレカと同様で2-3秒の時間はかかります(店員が機械に通す)。

1万円以上ではサインが要りますし、低額でもサインがいるお店があります。しかし電子マネー名を店員に告げる必要もなくコンビニ等でもむしろスムーズです。

 

電子マネーは、国内の、それもチェーン系のお店・サービスが加盟店の中心ですが、これに比べればVISA/JCBなどデビットカードが使える店舗は内外で圧倒的に多いです。

 

VISAやJCBのプリペイドカードも普及してきています。

ただしこれらは利用者の名前が印字されていないので、ホテルの予約だとか使えないサービスが多くあります。

 

またプリペイドはチャージ限度額も定められています。デビットでは口座に預金さえあればクレジットカード以上に高額な品も買えます(限度は自分で設定できるが)。

またプリペイドでは、旅行時にATMから通貨を引き出すこともできません。

 

現金と比べれば、もちろん「かさばらない」メリットがあり、紛失した場合でもカードを即停止できるので考え方次第では現金以上に安全です。

【どんなデビットカードがおすすめ?】

デビットカードで重要と考えるのは、「発行銀行の使い勝手」です。

 

PCやスマホの画面が操作しやすいか、何時でもログインできるか等が重要ですね。またネット専業銀行は緊急時のほかは電話がつながりにくいケースもあるので、そこもチェックできれば万全です。

 

クレジットカードと違って、好きな銀行を引き落とし口座にはできないのがデビットカードです。ポイントや会費がさほど気にならない人は銀行の使い勝手で選んでも良いですね。

残高を少なめとしている口座を使い、口座へ適宜入金する使い方では、ATMの手数料も安い/無料時間の多い銀行が良いです。

 

会費・ポイント面では、「 楽天銀行デビットカード(JCBタイプ) 」が年会費無料、還元率1%とお得で、かつ使いやすいポイントシステムです。

操作もPC/スマホ/フィーチャーフォンいずれでも快適です。国内で使うならおすすめはこれです。ただし楽天銀行では海外に強いVISAタイプに年会費がかかります。

 

デビットカードで先発のネット銀行としては、ほかにジャパンネット銀行(JNB)や、スルガ銀行(実店舗を持つがネット展開が広い)があります。

 

これらでは入会金・年会費無料でVISAデビットカードが作れます。

 

メインに楽天銀行デビットカードのJCBタイプを作り、他行の無料デビットカードVISAタイプをサブ的に持っておくのが私のおすすめです。

銀行窓口で行員と対面して色々と知りたい人では、りそな銀行や三菱東京UFJ銀行のデビットも選択肢になるでしょう。ただしこの場合も、ネット機能の使いやすさは要チェックです。

【実はお金持ち向け?】

クレジットカードとデビットカードを両方使っていると、「自分がもっとお金を持っていれば、ほとんどデビットしか使わないな」と思うことがあります。

海外の大金持ちがデビットを良く使うという話がありますが、それも分かるなと。

 

お金持ちは「無理な買い物自体がしにくい」人ともとらえられます。

つまり収入・資産にかかわらず、「無理な買物をしない人」にデビットカードが向いているわけです。

【注意点】

・ETCカードが作れない

・自動引き落としができない場合がある

・分割払いができない

・キャッシングができない

ETCカードが作れないのがデビットカードの注意点の一つです。

カード類なしでもデポジット制で作れることは作れるのですが、預けるお金が数万円だとか大きいので、可能ならこれはクレジットカード利用がおすすめです。

 

毎月継続的に発生する料金や、ガソリンスタンド、レンタカーで使えないことがあります。またそれらに該当しない一部サービスでも使えません。

リボルビング払い、分割払い、ボーナス払い等、およびキャッシング(現金を借りる)はできません。

 

上記のような事象は、クレジットカードを一枚でも持っていれば特に問題になりません。

 

ほかには、お店で「VISAの一回で」「JCBの一括で」等と店員さんに言うか、指で「1」を示すこと。

ここで「デビットで」というと何が起きるかというと、2000年にできたがあまり普及していない「J-Debit」と勘違いされてしまうのです。

 

申し込み時の氏名ローマ字表記や、サインはクレジットカードや他のデビットカードとタイプを揃えておくと良いです(サインは違っても良いが、書き分けが難しい)。

 

やや細かいことを言うとデビットカードは「エンボスレス」のタイプがほとんどで、番号部分の凹凸(エンボス)がありません。

エンボスレスは旧式の決済端末を使う海外の一部等で使えないことがあります。ただしエンボスレスカードはクレジットカードでも結構普及しています。

 

また、「クレジットでないから」と雑な管理をしてはいけません。クレジットカードと違って最大でも口座残高以上には使えないですが「盗まれたのに気づかず、毎月少しずつ使われる」などの被害もありえます。

 

VISAやJCBのプリペイドなら盗まれても使い切られた所で終わりですが、デビットカードではそうもいきません。

きちんと管理、番号を人に見せないようにしましょう(間違ってもWebに写真をUPしたりしないこと)。

【まとめ】

使い慣れると、驚くほど便利なのがデビットカード。

なかなかクレジットカードが作れない人はもちろん、クレジットカードを持っている人にも是非試してほしいサービスです。

 

まだ普及し始めで、今のうちから作って詳しくなっておくと話題づくりともなり、仕事にも役立つかも?

 

関連: 【デビットカードの選び方】 初めてデビットカードを作りたい人へ