楽天カードは8000ポイントプレゼント期間中に作りました。
クレジットカード作成は楽天カードが初めてです。

 

まず入会したら2000ポイントを受け取り、1回買い物した後に6000ポイントをもらいました。

 

大きなメリットは何より色んな用途ですぐにポイントがたまる点だと思います。楽天市場の買い物はもちろん、日々の生活費(ガス代・光熱費・携帯料金)も楽天カードにすれば毎月ポイントが豊富に貯まりますよ。このおかげで買い物をしない月でもポイントは一定数ついてきます。数か月すると結構なポイントになるので買い物の割引の際にはとても便利ですよ。家計の節約にも一役買ってくれてます。

 

飲食店を利用したり旅行する際にも貯まるらしいので、楽天市場で買い物しない人でもおそらく使えますね。
年会費無料で作成できるので、私みたいにカードを作ったことがない人にも向いていると思います。

 

分かりにくいのはサービスが多い点ですね。
多いにこしたことはありませんが、webサイトもゴチャゴチャして見づらいので軽く頭が混乱してしまいます。
もう少しシンプルで分かりやすいサイトにしてほしいですね。

 

楽天は色々なキャンペーンを行ってますが、そのたびにメルマガが多数送られてくるのは迷惑ですね。
キャンペーンを受けるためにはメールを受信する必要があるので気づけばメールボックスにたくさん届いています。
宣伝したいからとはいえ、せめてメールの数をもう少し減らしてくれればと思いますね。

 

あと6000ポイントは使える期間が限られるので、早めに使ってしまった方がいいです。

デメリットもいくつかありますが、ポイントの点では文句なしに良いので良くネットで買い物する人にはおすすめです。

楽天カードのメリットとデメリット

楽天カードマンのCMが印象的な楽天カード。
カジュアルなイメージが強いクレジットカードですが、その一番のメリットは使いこなすと楽天経済圏とも呼ばれる楽天ポイントが非常に貯めやすいところです。

 

私も楽天ポイントを貯めるために日常生活において可能な場面ではこの楽天カードを使用しています。使い方によっては年に数万円に換算出来るほどのポイントが貯まるのです。

 

例えば、楽天カードを使って楽天ポイントを貯めるのに一番威力を発揮するのが、やはり楽天のサービスを使った時です。
インターネット通販を買う時はAmazonじゃなくて楽天を使います。しかも楽天カードで支払うとポイントが数倍貯まるのです。もちろん旅行に行く時は、楽天トラベルでホテルからチケットまでをも予約するします。

 

また日常的にコンビニなどで使う電子マネーは楽天の傘下である「Edy」を使います。これは200円利用すると1ポイント貯まる上に、チャージについても楽天カードでの支払いでチャージするとその分についてもポイントに活かせるのです。

 

このように楽天サービスを多くつかっている場合、支払いを楽天カードにするとポイントの貯まりがとても多くなりなるというメリットがあります。

 

一方で、楽天カードのデメリットととして、そのイメージがすごくカジュアル過ぎるところです。日常生活では良いけれど、高級なレストランとかホテルだとちょっと出しにくいかなぁという印象があって、そういう場面ではついつい別のカードで支払いをしてしまいます。