自動車に乗ることが生活の一部と化している人は、燃料となるガソリン代をどう節約するか考えなければなりません。そこで着目したいのは、ガソリン代の支払い方法です。世の中にはガソリンカードと呼ばれるクレジットカードがありますので、それを利用するとガソリン代の節約につながります。ただ、ガソリンカードは種類がいくつかあるので、どれを選ぶかがポイントです。

 

まずそのポイントとして挙げたいのは、日常的に使うガソリンスタンドのガソリンカードです。それはENEOSカード、出光まいどカードぷらす、シェルスターレックスカード、コスモザカードオーパスなどが挙げられます。これらのガソリンカードは該当ガソリンスタンドで給油するとサービスがあったりしますので、日常的に使うガソリンスタンドのガソリンカードを持てば、割引される割合が多くなります。それなら、たくさん給油したときに割引されやすいです。

 

また、付帯特典でガソリンカードを選ぶ考え方もあります。例えばENEOSカードの場合は、いつでもどこでも対応してくれるロードサービスが標準されていますので、自動車に乗っていて何か予期せぬトラブルがあったときも頼れます。これはまさにガソリンカードならではの付帯特典といえます。

 

さらに、どのガソリンカードもだいたい新規入会者限定のサービスを行っていたりしますので、それも参考にしてガソリンカードを決めれば無駄がないです。ですので、ガソリンカードごとの特徴を見極めて選ぶことが大切です。

ガソリンカードを利用する際の注意点

自動車のオーナーにとってはガソリン代はとても気になります。特に走行距離が多いという人にとっては家計に対するガソリン代を一円でも減らしたいと考えるのが人情です。

そのような悩みを持っている人に石油元売り会社が発行しているガソリンカードとも呼ばれるクレジットカードを利用することによってガソリン代を節約することができます。クレジットカードですから、ガソリン代に限らず使用できますが、ガソリンを給油する場合にもっとも有効なクレジットカードなのです。

 

しかし、実際にガソリンカードを利用する際には注意しなければならないこともあります。ガソリンカードの年会費です。たいていのガソリンカードではガソリン代の割引はリッターあたり2円程度ですから、年会費分をお得にするためにはかなり時間がかかってしまいます。大量にガソリンを消費するような自動車以外ではガソリンカードは年会費無料のカードにしておくべきでしょう。

 

それに、ガソリンカードはガソリン代の割引をメインに考えていますから、ガソリン以外の利用ではそれほどポイント還元がよくありません。ガソリン以外の利用ではもっとポイント還元率の良いクレジットカードの利用を考えるべきです。クレジットカードを複数保有することに抵抗がないという人は、年会費無料のガソリンカードはガソリンの給油のみに使用して、その他の使用にはガソリンカード以外のポイント還元率が高いカードの利用が合理的です。