今、日本でもっとも勢いのあるカードといえば、それはリクルートカードです。

そのリクルートカードのメリットとデメリットについて紹介させていただきます。

 

リクルートカードにはいくつものメリットがありますが、その中で、もっとも大きなメリットは非常に高い還元率です。

普通のクレジットカードの還元率は0.5%から1%ですが、このリクルートカードの還元率は1.2%です。

 

しかも、この還元率は特定のサイトを使った場合だけとか、そういう条件が付いているわけではないので、どこで何を買おうがこれだけのポイントを還元してくれるのです。

 

その上、リクルートと提携していたりリクルートの子会社であるサイトでカードを使うと、特別ポイントをもらうことができるので、さらにお得になります。

この還元率の高さこそ、リクルートカード最大の魅力だと言えるでしょう。

 

他にもこのカードには、年会費が無料、使い勝手のいいPontaポイントに交換が可能など、いくつものメリットがあります。

なので、リクルートカードは持っておいて損がないカードの一つだと言えるでしょう。

 

では、リクルートカードには弱点、デメリットのようなものはないのでしょうか。

 

実は、1つだけ弱点があります。

リクルートポイント、あるいは手軽に交換できるPontaポイントに興味のない人にとって、このカードは使いづらいカードです。

 

Pontaポイントはローソンなどの店舗で使うことが出来ますが、あまりそういう店に行かない人の場合、ポイントだけもらってもしょうがないのは事実です。

 

ですので、リクルートカードを取得する前に、ポイントの使い道というものを考えてみるとよいでしょう。

それで特に問題がないとわかったら、カードを発行するとよいでしょう。