ビットコインは自分が開発者だと名乗る人物がいたけれど、明確にこの人だと確定・断言できていないのに対して、ビットコインの存在を元手にもっと便利な扱いやすい仮想通貨を作りたいと思って、これが私が作ったライトコインという代物だと2011年にきちんと表明して、その仕組みについて自ら語ったというチャーリー・リー氏という確定・断言できる明確な開発者がライトコインには存在します。

 

チャーリー・リー氏は目の付け所が素晴らしく、ビットコインは価値が高い金だと位置づけ、発掘難易度が高い・埋蔵量も多くなく入手困難・決算スピードが遅いので時間がかかると考え、発掘難易度を下げて埋蔵量を増やして入手困難点を解決し、決算スピードを速めて取引時間のストレスを解消させる、銀の価値と位置付けるライトコインを開発した点は世界的に誇るべきだと思います。

 

ライトコインはビットコインよりも4倍の速さでの送金を可能にしており、かかる時間も2分半と使い勝手が良いです。

ライトコインはマイニングという採掘が発行量が多いぶんやりやすいのです。

 

ライトコインは2017年度の時点で仮想通貨ランキングでは第4位となっています。

ライトコインはビットコインをマネした部分があるので、将来的にビットコインを超えることはないとは思いますが、総量数が多いのでビットコインと併用して運用するといいと感じます。

 

最近までライトコインを日本で購入できる場所が少なくて困ることもあったみたいですが、2017年4月からコインチェックでライトコインの取引が可能になったそうです。