マネパカードは、クレジットカードと異なり、カードに現金をチャージして国内や海外で利用出来るカードです。

プリペイドカードと分類されるものの、デビットカードに性質が近く、カードにチャージされている金額分の利用になります。

 

そして、マネパカードはビットコイン取引所である『Zaif』と提携し、ビットコインの取引手数料が無料というサービスを発表しました。

 

また、マネパカードとZaifの連携をすることで、ビットコインの購入が可能になるだけでなく、マネパカードを利用し商品を購入する際にビットコインが自動で売却され、現金がチャージされるようになります。

 

従来、ビットコインを換金する場合は、取引所で換金依頼を行い、現金に戻す必要がありましたが、マネパカードならこの手間が掛かりません。

 

さらに、ビットコインの価格に応じて売却されるため、市場価格が高値になっているときにMasterCardが利用出来る店舗で支払をすれば、お得に商品を購入することも可能です。

 

マネパカードは、クレジットカードのように審査がないため、ビットコイン取引のために契約したとしても、クレジットカードの所有枚数が多く、審査落ちしてしまうという心配がありません。また、カードショッピング保険も付いており、クレジットカードと同等の保証を受けられるというメリットもあります。

 

ビットコインによる資産運用から日常生活での支払いに利用したいという方には、利便性が高く、メリットも大きいカードになっています。