tvgame2

気軽に使うか、本格的に使うかで選ぶのがおすすめ

 

デビットカードとクレジットカードの大きな違いとして、まず支払うお金が先払いか後払いかということがあります。

 

デビットは楽天銀行の口座にあらかじめ入れておいた残高の範囲のみ使えるのに対して、クレジットカードは、利用枠の範囲なら手持ちの現金の金額に関わらず利用できます。

 

申し込みの流れとしては、デビットは審査なしで楽天銀行のキャッシュカードにデビット機能を付けるだけですが、クレジットカードは勤務先の在籍確認も含む所定の審査があります。
こういった特徴を考えると、気軽に使うならデビットカード、本格的に使いたいならクレジットカードというふうに選ぶのがおすすめです。

 

いずれもクレジットカードの方式のカード番号が割り当てられますので、お店での買い物、ネットショップでの買い物、ネットゲームなど使える場所はほとんど同じです。

 

デビットカードは、楽天銀行の残高を使いますので、コンビニなどでの小額決済に使うのがおすすめです。

 

楽天銀行は引き出しが1000円単位で、ATM手数料も高いため、1000円未満の残高があると眠ったままになってしまいがちです。
デビット機能を付けておけば無駄なく使いきれますので便利です。

 

また、ネットゲームで小額の課金をするときにもおすすめです。

 

クレジットカードだと10万円以上の利用枠が付きますので、ゲームに熱中して使いすぎが心配ですが、デビットなら預け入れした範囲のみしか決済ができませんので安心です。

 

クレジットカードのおすすめの使用方法は、ネットショップでポイントを貯めながら食品や日用品を定期的に買うときや、服などを通販で買うときなど、金額が大きくなるときのおすすめです。
また月額課金のインターネットコンテンツを利用するときは、デビットだと残高不足になる心配がありますので、クレジットカードの方が使いやすいです。