debitomerito

デビットカードとクレジットカードどちらが良いの?

 

デビットカードとは、自分の持っている預金口座に紐付けされた決済用カードの事です。
金融機関が発行しており、このデビットカードで決済すると即座に口座から引き落としされる仕組みになっています。
決済する店舗のレジ端末から引き落としが出来ます。

 

今までのクレジットカードとはどう違うのでしょうか。

それでは、デビットカードのメリット・デメリットを比較検討してみましょう。

 

・デビットカードのメリット

①時間や曜日関係なく決済可能なので現金引き出しの手数料や手間を節約できる。
②カード決済なので現金の授受が発生せず、支払いがスムーズに出来ます。
③スマホのアプリなどと連携しているので、デビットカード使用後すぐに明細確認が出来る。
④カードの預金額しか使えないので使い過ぎない。

・デビットカードのデメリット

①デビットカード決済が出来る店舗が決まっている。
どこの店舗でも出来るわけではない。
②分割支払いが出来ない。
③還元率はクレジットカードの方がお得。

 

使い分け方としては、高額のお買い物の際はクレジットカードで分割支払いなど行って自分の生活がスムーズに過ごせるように調整するのがベストでしょう。

生活に支障のないお買い物の際はデビットカードを使用し、ATM手数料を節約するといった感じがいいと思います。

 

また、ついつい衝動買いをしてしまったり欲しいものは気にせず買ってしまう方はクレジットカードよりも全てのお買い物をデビットカードを使用して自分の持っている資金内でお買い物をした方が良いでしょう。

自分の生活レベルの把握が出来、使い過ぎなどに陥らないと思います。

 

また、アプリと連携すれば携帯の家計簿アプリで自分の使用状況や、どんなカテゴリーにお金を支出してしまうのかなどが一目瞭然で分かります。

お金の管理が時間をかけず細かく出来るので、現金支払いよりもよりお金が貯めやすい環境になると思います。