hikakuuuu

 

デビットカードとクレジットカードは支払い方法が全く違う!

 

デビットカードってまだまだ聞きなれない言葉ではありますよね。

クレジットカードとどちらが良いのかどうか気になりますよね。

 

この2つは、似ていそうですがどちらも異なるメリット・デメリットがあるのです。

大きく違うのが支払い方法です。

 

・クレジットカードの支払い方法

 

クレジットカードの場合は、お買い物の時にカードを使えば、その時は口座からも財布の中からもお金は一切引かれません。

その代わり、〆日後の支払い日に口座からその分の金額が引かれるようになっています。なので、その時にお金が無くても支払い日にお金があれば問題がないという訳ですね。

 

そのため、携帯電話の支払いや自動車保険の支払いなどにも使うことができます。

これがクレジットカードの大きなメリットです。

 

その変わり、すぐに残高が減る訳ではないので使いすぎてしまう方が多いです。

きちんと計画的に使えばそんなこともないのですが。

 

・デビットカードの支払い方法

 

比べて、デビットカードはどうでしょうか?

デビットカードの場合は、クレジットカードとは異なり、使用した瞬間に口座から金額が引かれるようになっています。

 

なので、使えるのはその口座の現在の残高のみ。

もちろん、〆日や支払い日などもないので、後日支払いをする必要もありません。

 

現在の残高からしか支払いができないので、使いすぎを防止することもできるのが魅力的ですね。

また、ローンなどが苦手な方にはお勧めのカードです。

 

とは言っても、デビットカードはクレジットカードのように携帯電話の支払いや自動車保険の支払いなどはすることができませんので、そういった支払いはクレジットカードで、普段の支払いはデビットカードで、など使い分けをするのも良いでしょう。

どちらか選びたいという時には、自分のライフスタイルを見返してみると良いでしょう。